オートローンが組めない人はどんな人?

オートローンは借入先によって融資・クレジットの基準が違います。基本的に収入に対してその他のローンの返済額が多い方や返済遅延などの金融事故がある方は、どのタイプのオートローンを組むことが出来ません。なお、収入に対しての返済額の割合は新規に組むオートローンを含めて35%程度が上限となると考えられます。

ただし返済比率は年収によっても違ってきて、年収が多い方ほど比較的高い返済率となっても承認されやすく、年収が低いとその逆になり、20%~25%程度が上限となるでしょう。もちろん基準は金融機関によって違ってきます。一般的に銀行のマイカーローンなどは比較的審査が厳しくなりますが、信用金庫など地元に根ざしている金融機関では、取引先の企業に勤務している方の融資案件などは、柔軟に審査してもらえることもあるようです。このあたりの違いは個別に相談するしかありません。

なお車のローンは比較的審査が柔軟だと聞くこともあると思いますが、これは一般的にディーラーや販売店が行なっている信販系のクレジットのことを指しているようです。したがって転職や就職して間もない方や、年収がそれほど高くないという方は、臆することなく信販系のクレジットを利用してみると良いでしょう。

こうしたクレジットの場合は、会社員であれば、収入を証明するような源泉徴収票などを用意する必要もなく、クレジットを組むことができるはずです。ただし先ほども触れた通り、すでに借入やクレジット払いが多いと言いう方だと信販系のクレジットであっても否決されることになるはずです。いずれにしても月々の返済が苦しくなるほどのローンやクレジットを抱えている方は、審査云々の前に借入を少なくしておくようにしておきましょう。

スポンサードリンク