オートローンとは

オートローンとは、自動車を購入するときの資金を融資してもらう際に利用する融資商品の一種ですが、利用先が信販会社の場合は、ショッピングクレジットと同じもので、いわゆるローンではありません。オートローンとは広義には、こうしたローン以外のクレジット購入も含まれていると考えて良いでしょう。呼び名も様々で、オートローンだけでなく、自動車ローン、マイカーローンなどと色々ありますが、車を現金で購入する以外は、何らかのオートローンを利用していることになります。

車も軽自動車から高級車までいろいろありますが、たとえ100万円前後の軽自動車でも、一般的な感覚では高額品です。車を購入するとき、まだまだ多くの方がオートローンを利用しているのではないでしょうか。その意味では、オートローンについて正しい知識を持つことは、車を購入する上でとても大事なことだと言えるでしょう。

オートローンには色々な種類がありますので、まずどのオートローンを選べばよいかと言うことを考える必要があります。ローンと言うと、まず銀行などの金融機関から融資を受けて購入資金を調達するということが思い浮かぶでしょう。都市銀行、地方銀行、信用金庫などに行くとかならずマイカーローンなどの案内パンフレットが用意されているのはご存知のことでしょう。

また、ディーラーが独自に用意しているオートローンもあります。また自動車販売店はかならず提携している信販会社がありますので、信販会社のクレジットを利用して車を分割払いで購入するというのもよく利用されています。その他にも、利用使途が限定されていないフリーローンで車を購入するという方法もあります。

一般的に銀行などの金融機関のオートローンは、審査基準もやや厳しく融資審査がおりるまでに少し時間がかかります。反対に信販系のクレジットは、比較的審査も緩やかなのでほとんど即日購入に至ります。そう考えると、審査が緩やかで手間がかからない信販系のクレジットがいちばんかと思うかも知れませんが、ローン、クレジットですから金利を考える必要があります。

通常審査が厳しいローン商品ほど金利は低く、審査の甘いものほど金利は高く設定されています。また信販系のクレジットで車を購入すると、代金を完済するまで車の所有権は信販会社にあります。

オートローンを選ぶ際は、様々な角度から自分に合ったものを比較検討する必要がありそうですね。