消費者金融の残債があると審査は通らない?

消費者金融と言っても、現在は貸出金利もクレジットカードのキャッシングの金利と同じです。しかも大手の元消費者金融は銀行と業務提携しています。これらの残債があったとしても、それだけの理由でオートローンが利用できないという理由にはならないと思います。どうしても心配ならその消費者金融と業務提携している都市銀行、またその都市銀行と関連している地方銀行のマイカーローンを申し込んでみると良いのではないでしょうか。

ただし、大手の消費者金融ではなく中小の消費者金融から融資を受けている場合は、銀行などからみるとあまり良く映らないかも知れません。大手から借りられないから、中小を利用していると受け取られてしまうからです。しかしクレジットカードからでも、消費者金融からでもキャッシング利用があるということは、新規のローン審査に対してはマイナス要因になってもプラス要因になることはありません。

なおクレジットカードなどもそうですが、キャッシング枠を全く使っていなくても、利用枠が残っていれば解約しない限り、全額利用していると判断されます。最近の消費者金融のカードローンは、数百万円という高額な利用枠が設定されているものもあります。少し極端なたとえですが、300万円の消費者金融のカードを持っていて、実際に利用しているのが3万円でも、オートローン審査では300万円利用していると判断され、それによって返済率などもみられてしまうということです。

このことは住宅ローンの審査などでもあることで、どう考えても否決される心配のない案件がダメになることがあるのですが、たとえ全く使っていなくても、ローンカードやキャッシングカードなどの利用枠がそのまま反映されてしまうということは、あらかじめ知っておく必要があります。