信販系(ディーラー)オートローンの特徴

信販系のオートローンとは、購入資金を金融機関から調達するのではなく、信販会社(クレジット会社)が購入者に代わって販売店やディーラーの車の代金を立て替えてくれるかわりに、購入者は信販会社に利息とともに代金を分割して支払うと言うものです。ですからオートローンと言っても信用販売やクレジットカードのショッピング購入と同じだと考えたほうが分かりやすいでしょう。

このタイプの車の購入方法は非常に普及していて、銀行でお金を借りるより審査にかかる時間も圧倒的に短い(保証人が必要などという場合を除いて、即日でおりる)ため、楽な手続きで早めに車が欲しいという方におすすめです。

また銀行系のオートローンと違って、勤続年数に対する考え方も柔軟です。仕事に就いて間もない時期にどうしても車が必要な場合は、この方法で進めてみると良いでしょう。

ただし誰でもクレジット承認がおりるわけではなく、特にローンやクレジット返済の履歴に遅延などが頻繁にあるようだと、承認されません。銀行に比べて審査が柔軟だと言っても、最低限の部分で逸脱していることが多いと利用することは当然できませんので、その点はわきまえて利用してください。

なお信販系のオートローンで購入した車は、代金を完済するまでは信販会社に所有権があります。このことはクレジットカードで商品を購入したときと同じです。クレジット(信用)と言っても、こうすることで、ローン会社は貸し倒れリスクを少しでも軽減させているのだとも言えます。信販系のオートローンが比較的審査が緩いのは、こうしたこともあるわけです。