低金利のオートローンについて

オートローンは住宅ローンほどではありませんが、返済期間は比較的長期間になりますので、選択する上で金利はやはりしっかりみておく必要があります。

低金利のオートローンと言うと、最近では地方銀行のオートローンがかなり頑張っている印象があります。また地方銀行の多くは、対象車が新車だけでなく中古車も対象としていますので、中古車指向の方にとっては、地銀のオートローンはチェックしておくべきです。ポイントは優遇金利でどれだけ基準金利から下がるかというところです。

いちばん多いのは提携カードを申し込むというものや、給与振込口座をつくること、公共料金の引落しなどですが、住宅ローンを利用していると大幅に金利を優遇してくれるオートローンもあります。またハイブリッドカーや福祉車両を融資対象とすると金利が優遇されるオートローンもあります。

なかには2.5ポイント程度も金利が優遇されるオートローンもあるのですが、基準金利が5~6%前後であっても、この金利優遇が適用されると3%をきることもあるわけです。オートローンとしては破格の低金利と言えるでしょう。

またノンバンクのクレジットもオートローンでは低金利、柔軟審査のものが数多く登場しています。銀行などの金融機関以外にも、信販会社や保険会社にも、オートローン商品は存在します。人口減少や若年層の車離れから、オートローンの利用者は数年前に比べて減少傾向にありますので、顧客獲得競争のなかで低金利のオートローンは今後も拡大していくのではないでしょうか。