みずほ銀行 オートローンの審査基準と金利

みずほ銀行のオートローンは、無担保ローンのなかのひとつとして新車ローンが用意されています。全国各地に支店が出店されているので地方にお住まいの方でも同行の口座をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

最近では地方銀行を中心に、中古車も対象とする銀行系オートローンが増えていますが、みずほ銀行のオートローンはその名の通り、新車だけを対象とするオートローンとなりますので、この点は注意してください。

審査基準となる基本情報では、年収や勤続年数が明記されておらず、安定かつ継続的な収入が見込める方とされていますので、同行にオートローンを申し込む場合、勤続年数で3年はほしいところと言えるのではないでしょうか。返済期間は最長7年で融資金額は500万円までみてもらえます。

なお大枠の希望融資金額を決めて事前審査をすることができますので、事前審査の結果をまってから具体的な車種を検討することができます。この際の仮審査ですが、郵送のやりとりで完了しますので忙しい方にとっては便利でしょう。

金利は変動型と固定型から選択できます。ちなみに固定金利型で4.70%となっており(2011年1月現在)、都市銀行のオートローンの金利としては標準的と言えます。これに購入車がエコカーであるとか、住宅ローンなど証書貸付ローンを利用中または、過去に利用したことがある方は 年0.1%の割引が適用になります。優遇幅としては少し小さい気がしないでもありません。

全体的に標準的な印象のみずほ銀行のオートローンですが、同行の場合、公務員の方が比較的借入しやすい住宅ローンを取り扱っていますので、将来住宅ローンをみずほ銀行でと考えている公務員の方などは、オートローンはみずほ銀行で検討してみると良いかも知れませんね。