日立キャピタル オートローンの審査基準と審査の難易度


日立キャピタルは日立グループの金融保証会社です。日立キャピタルのオートローンは銀行のオートローンと違いますので、所有権保留となり、車検証の所有者欄は日立キャピタルの名前が入ります。ただし融資金額が150万円ぐらいまでなら所有者を自分の名前にしてくれることもあるようですから、どうしても気になる方は確認してみましょう。

日立キャピタルのオートローンを利用するメリットは金利が圧倒的に安いと言う点にあります。また銀行のオートローンに比べて審査にかかる時間も短くてすみます。所有権保留が気にならないのであれば利用先として検討してみると良いでしょう。ただし、日立キャピタルを利用するには販売店が日立キャピタルと提携していなければなりません。無店舗の販売業者なども利用出来ないことになっていますので注意してください。

日立キャピタルの審査規準の基本情報をみると、年齢は20歳以上、完済年齢が65歳以下とあり、前年度の税込み年収は280万円以上とはっきり謳われています。審査の難易度で言うと、ノンバンク系のオートローンのなかでは比較的厳しいほうではないでしょうか。審査に通ると、契約書と必要書類を日立キャピタル宛てに送付し、書類が到着して、本人確認の電話で、契約内容なども確認されます。契約内容に違いがなければ、納車予定日にあわせて自動車販売会社の口座に購入者名義で代金が振込まれます。

返済期間は最長7年(中古車は5年)、最大で600万円までの融資が受けられます。金利は固定の2.4%~3.5%となっています。また下取り車がある場合は提示金利から、0.4%優遇が適用になりますので、下取りも考えている方はより有利になりますね。


>> 日立キャピタルの詳しい情報はこちらをクリック